2023年10月13日

火山塾 地震直後

先日の火山塾
ポンマチネシリ火口内で説明を受けている時に地震に遭遇
ビデオでは映っていませんが、火口壁からの石、砂の崩落
緊迫感がありました

2023年10月04日

雌阿寒岳火山塾2023 登山編

前日の座学に引き継続き、30日に登山を実施しました
今回は許可を得て、ポンマチネシリ火口内へ
自然塾としてポンマチネシリへ向かうの2016年以来となります

私自身、火口内にに入ったのは、2006年噴火で
研究者の方の調査登山にお供させて頂いた以来(しかも冬季)
記憶がかなり改ざんされていたようで
あれ、火口内ってこんなに広かった?
青沼ってこんなに大きかった??
などを思いながら登って行きました

火口内に入ると天候も思いのほかよく、時折青空も見え
すべてが神々しくさえ見えました

偶然ではありますが、火口内で説明を受けている最中
徹別群発地震が発生!
火口壁から石、砂がガラガラと崩落
一瞬、緊迫!!!
ただその時に専門家の方の「これは噴火ではない」との声が聞こえ
落ち着いて行動する事が出来ました
この様な経験も今後に活かせていければと思っています

帰りは、オンネトー登山口ピストン班
山頂経由、温泉登山口班に別れ下山

参加者の皆さまの笑顔、感嘆の声
我らの田村会長の現役バリバリ感
これぞ火山塾!!そんな1日でした!!!

総勢26名、ご参加頂いた参加者、関係者の皆様
ありがとうございました

IMG_1816.JPG

IMG_1819.JPG

IMG_1832.JPG


IMG_1846.JPG

IMG_1851.JPG

IMG_2148.JPG




2023年10月03日

雌阿寒火山塾2023 座学編

9月29日 金曜日

道立総合研究機構地質研究所 廣瀬 亘 先生
北海道大学地震火山研究センター センター長 青山 裕 教授
釧路国際ウェットランドセンター阿寒湖沼群・マリモ研究室 若菜 勇 先生
3名をお迎えし、雌阿寒岳火山塾 座学を開催致しました

廣瀬先生には「雌阿寒岳の生い立ち、誕生から現在まで」と言う事で
雌阿寒岳そして阿寒カルデラの成立ちや噴火史を講義頂きました
火山塾皆勤賞の廣瀬先生。抜群の安定感です!

DSC_8045.JPG


青山教授は「雌阿寒岳における北海道大学の取り組み」という事で
ご自身はもとより、今迄北海道大学として
どの様に火山観測を行って来たかというお話
懐かしい諸先生のお名前も沢山出て来て、ついつい前のめりで聴講
今回初参加の先生でしたが、聴衆の関心を逃さない・・・流石です。

IMG_0021.JPG


若菜先生「阿寒カルデラの湖沼群ーたぐいまれなる淡水生態系の標本庫」
マリモ保護研究から得られた様々な知見、阿寒カルデラ湖沼群の特異性のお話
今見えている自然環境は永遠ではない。気象状況、災害等で変わっても行くし
私達人間が壊してしまう事もある...その方が多いかも???
一人一人が意識する事が守る事に繋がる
阿寒地区が世界自然遺産にに選定されるには、まだまだハードルは高そうですが
めあかん自然塾としても、考えて行かなくてはいけないテーマを頂きました

IMG_1811.JPG

IMG_1809.JPG

講師の皆様はじめ、関係者、ご参加頂きました皆様
ありがとうございました








 

2023年08月06日

雌阿寒岳火山塾2023

日本に110座(?)ある活火山の一つ雌阿寒岳
活火山だからこその多彩な表情で私たちの心を惹きつけ、
多くの恵みをもたらせてくれています
しかし、ひとたび噴火が起きれば・・・
火山、地震、地質、水質  雌阿寒岳観測各分野の専門家を招き、
最新の知見を学ぶ座学と登山・・・今年は通常入林禁止のポンマチネシリ火口内へ!!
                        <許可を取り入ります>
講師の方のお話を聴きながら登れば、新たな雌阿寒岳の魅力に出会えることでしょう
皆様のご参加お待ちしております
 座学  9月29日(金)18;30〜20:30
                  山の宿野中温泉食堂
「雌阿寒岳の生い立ち 誕生から現在まで」
      北海道立総合研究機構地質研究所 主任 廣瀬亘 氏
「雌阿寒岳における北海道大学の取り組み」
   北海道大学大学院理学研究院附属地震火山研究観測センター
                      教授 青山裕 氏 
「阿寒カルデラの湖沼群―たぐいまれな淡水生態系の標本庫」
   釧路国際ウェットランドセンター阿寒湖沼群・マリモ研究室
                         若菜勇 氏
  ※内容が変わる場合もあります
登山  9月30日(土)8:30〜15:00
               (多少前後する場合もあります)
 雌阿寒岳 オンネトーコース 
      (15分前迄オンネトー登山口に集合してください)
※登山だけ参加大歓迎です
※天候の条件の許す限り山頂を目指しますが、危険と判断した場合
即中止下山します。又、体調が悪くなった場合直ぐお伝え下さい
参加費:1500円
 定 員:15名
 持ち物:昼食、飲み物、登山道具一式(寒くなる場合もありますので上着は必須です)
《お申込み》めあかん自然塾 http://meakan-shizen.com
      e-mail meakan-shizen@outlook.jp
      ※申し込みはHP&メールのみ 

IMG_6753-1.jpg

2023年02月21日

スノトレ塾2023

2月19日 スノトレ塾開催しました

スノーシュー初心者も多かったようですが
皆さん楽しんで頂けたようです

IMG_0012.JPG

IMG_0640.JPG

先発隊として久しぶりにチロも参加
この後、とんでもないミスに気付く訳ですが・・・

IMG_0659.JPG

結果、オンネトー湖上で豚汁を!
ではなく、食堂で食して頂くことになりました
本当にごめんなさいバッド(下向き矢印)

posted by 塾長 at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹々や花、植物の話

2023 星空塾開催

昨年末開けなかった「星空塾」
今年は2月開催となりました
星空塾も今年で12回目
講師の円舘夫妻のトークも味を増していますグッド(上向き矢印)

前日まで天候が危ぶまれていましたが
この日は奇跡的に晴れ、満天の星空を堪能しました

IMG_0623.JPG


posted by 塾長 at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹々や花、植物の話

2023年01月12日

スノトレ塾2023のお知らせ

全面氷結したオンネトー湖上で豚汁を・・・
今年もこの季節がやって参りました
雌阿寒温泉からオンネトー迄2km程スノーシューでトレッキング
夏では体感出来ないオンネトー湖上へ
雌阿寒岳&阿寒富士の大パノラマ
是非ご参加ください

日時 2月19日(日)10:30〜(行動時間約3間)
場所 オンネトー(集合は野中温泉ですー15分前集合)
定員 15名
会費 500円
持ち物 お弁当、防寒着(手袋等)、飲み物(温かい飲み物等)
    カメラ
※ スノーシューはお貸し致します
  (必要な方は事前にご連絡ください)
※ 参加希望の方はお電話もしくはメールにてお願い致します。
※コロナ対策の為マスク着用お願い致します
  п@080-3237-8953
  メール meakan-shizen@outlook.jp

DSC_6782.JPG

posted by 塾長 at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹々や花、植物の話

星空塾2023のお知らせ

例年オンネトーの星空を皆様にという事で開催して来た
「星空塾」ですが
今回は2月極寒の雌阿寒温泉周辺で満点の星空観察
小惑星ハンター円舘金さん&綾子さんご夫妻の楽しい話も
もちろんあります!!

日時 2月18日(土)17:00〜19:30
場所 雌阿寒温泉(山の宿野中温泉)周辺
参加費 大人800円 中学生以下500円
持ち物 防寒具、手袋、懐中電灯等、カメラ(三脚)もあるとより楽しめます♪
ご参加希望の方は
電話 080-3237-8953
メール meakan-shizen@outlook.jp
いずれかへご連絡お願いいたします
ご参加お待ちしております。


IMG_0473.jpg

2022年05月10日

雌阿寒岳火山塾2022

生きた教材「雌阿寒岳」を学ぶ火山塾
阿寒硫黄鉱山跡であるナカマチネシリ火口を目指します
ナカマチネシリの噴気は力強く、活火山で有る事を感じさせてくれます
地質、地震、火山それぞれの専門家と共に説明を受けながら登ると、
普段何気なく通り過ぎている登山道が一味違った景色に見えてきます。
場合によっては、通常の雌阿寒岳ポンマチネシリ火口へに変更の場合もあります

※ナカマチネシリへの入山は森林管理署の許可得ています。

日時 6月11日(土)
   8:30登山開始予定
     (阿寒湖畔登山口)   
  野中温泉集合8:00
  行動時間およそ8時間
  
参加費 1,500円
定 員 10名
申し込み お電話又は自然塾HP
     TEL 0156-29-7143
     http://meakan-shizen.com 

※野中温泉から乗り合いで、阿寒湖畔登山口へ向かいます。
    ※装備に関しては、特別なものは必要ありませんが、各々準備願います
   ※通常の登山と違い、要所要所で講師の説明があります。


IMG_3527.jpg

2022年03月14日

雌阿寒・・・冬

2年ぶりの冬山へ
チロルと共に
お互いの歳を感じつつ・・・
楽しかった

DSC_7848.JPG
posted by 塾長 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 山の話