2018年12月07日

温泉

すごく長くなります。
すみません。

隣の施設である景福さんの書類送検という報を受け、改めて硫化水素泉というものを考えている処です。
当館と致しましては、4年前の事故を受け浴室での注意の掲示、口頭での注意喚起、入浴時間の見直し等のソフト面の対策の強化、又北海道職員である温泉の専門家にご相談し、オーバーフロー、換気扇、簡易曝気孔の設置、脱衣場からの送風等のテストとハード面でも改めて様々な対策をしてまいりました。
しかしながら、環境省が昭和50年代に出された硫化水素の基準値には至らず、今後どの様にしていったらいいのか常に悩み考えておりました。

一昨年のマスコミ報道で、道、保健所サイドから新たな対策をという話がありました。
その中で道の協力を得てテスト曝気槽にて実証実験をして頂く事になりましたが、結果あくまでも実験という事であり、実際営業出来る温泉施設をどの様に造っていけば良いのかの指針にはならず、尚且つ道すなわち保健所自身も実質的な解決策を見いだせないにも関わらず、指導という名の下で様々な指示がなされ、逆に悩みが増えてしまったかに感じたのも事実です。

その様な事もあり、昨年度私共は新たに北見工業大学の分析化学、ガス分析の専門家の方にご相談し、又町からの協力を受け実証実験そして今後の道筋を模索し、今年度新たに曝気槽施設を建設する事となりました。

当館は100年ほど変わらずこの様な形で営業させて頂いております。
正直当館にて硫化水素が起因となる事故・・・嘔吐、めまい等も含めて経験がございません。
数年に一度俗に言う湯あたりというのはありました。
環境省の温泉法における硫化水素の基準値の論拠がどこにあるのかも分かりません。
現経営者である私も、今迄環境省は固より北海道、保健所から硫化水素に対する指導を受けた事も無かったというのが実情であります。
そうゆう状況下で私共も安易に考えていたという事は否めない気がしております。

今後、様々な専門家そして行政の協力を頂きながら湯温も含め「野中温泉」を「野中温泉」らしく安全、安心にそして快適に利用して頂けるように努力していく所存であります。
まだまだ時間は掛かります。実際ようやくスタートがきれたのかもしれません。
ご利用頂きます皆様にはご迷惑をお掛けする事もあるかと思いますが、今後ともご愛顧頂ければ幸いです。
宜しくお願い申し上げます。

posted by 塾長 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

オンネトー線通行止め

本日10時より雌阿寒温泉よりオンネトーは通行止めとなりました。
posted by 塾長 at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ&ニュース

2018年11月27日

噴火警戒情報レベル2

先日、雌阿寒岳に火山警戒情報のレベル2が出されました。
実はこれは各々の山で出され方が違います。
一概に地震の回数だけではありません。
噴煙の高さや、火口の温度、今でしたら傾斜計というのも設置されており、山体の動き等を加味して気象庁が決めています。
そして、火口からの民家位置、登山道の距離などから安全性をみて、レベルを出します。=各山体で違うという事です。
噴火の有史によっても異なりますね・・・

今回の雌阿寒岳で現在の所1日の地震の回数の一番多い日は23日で675回となっています。翌日は静かになり49回(15時迄)でした。
有感地震は今の所一度もありません。
例えば、十勝岳は同時期に地震が増え、火山性微動というものも観測されています。飛騨山脈の焼岳ではやはり火山性地震が増え麓の温泉では有感地震もあるようです。
でも、この二つの山はレベル1のままです。

そもそもレベル1が普通の状態と知ってらっしゃいますか?マスコミの報道を見ると甚だ不安になる所です。

レベルが上がろうが、地震が増えようが、微動があろうが
元々、活火山である以上いつ噴火してもおかしくありませんし、常に注意しなくてはいけないのです・・・が
地元にいると分かる事でも、一般登山者には分かりずらいのではないか?と改めて感じている処です。

又、今回地元行政の情報を出すタイミングが遅かったのは否めません。災害においては迅速な情報が全てです。

他災害と違い、噴火はここで起こると決まっています。
事前にシュミレーションが出来るのです。
これからも、有識者の方達や行政にご相談させて頂きながら雌阿寒岳と共にです。




posted by 塾長 at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 山の話

2018年11月23日

雌阿寒岳火山情報

本日、2:20雌阿寒岳に火山解説情報が出されました。
一昨日から火山性の地震が増えた事によるものです。
現在の所、即噴火という事は無いとは思いますが、雌阿寒岳登山を予定されている方は留意してください。
念のため、ヘルメットなどを携行されると良いかと思います。
野中温泉でも、多少の準備はありますので、お持ちでない方はお越しください!!

posted by 塾長 at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ&ニュース

2018年10月30日

雌阿寒岳初冠雪???

DSC_4222.JPG

例年、体育の日前後ですね。
今年は遅い・・・

2018年10月25日

オンネトー星空塾 2018

DSC_2502.JPG

今年もオンネトー星空塾開催致します。
11月24日(土)17:00~20:00(予定)

講師は小惑星ハンター 円舘 金さん&綾子さんご夫妻。
今年は星空&月を愛でる予定。
金先生ご夫妻の講座もコアな話ありで楽しんで頂けます。

空のご機嫌を伺いながらの星空観察。
この季節だからこその夜空をお楽しみ下さい。

参加費  大人 1,000円 子供 500円
持ち物  防寒具・カメラ・ライト等
問合せ  めあかん自然塾  0156-29-7143
http://meakan-shizen.sakura.ne.jp/

2018年10月16日

今年のもみじ

DSC_4167.JPG

紅葉ももう終わり。
今年もまともな写真なし・・・

2018年09月30日

2018 雌阿寒岳火山塾

先週になってしまいましたが、火山塾開催致しました。
今年の座学は「ポスターセッション」
道内屈指の研究者による研究成果をポスターにして
貼りだして頂き、それぞれの先生に直接フランクにお話をお伺い出来ました。
普段はそれぞれの学会等でしか見られないもの。
貴重な機会だったと思います。

DSC_3981.JPG

DSC_3963.JPG

にぃちゃん、さんちゃんも初参加!

翌日、9月22日阿寒湖畔登山口からナカマチネシリを目指しました。

DSC_3994.JPG

DSC_4010.JPG

1042m峰
何度聞いても覚えられない・・・
剣ヶ峰も奇麗に見えます。

DSC_4035.JPG

DSC_4057.JPG


ナカマチネシリ火口。
どうにか天候も持ち皆感動・・・というか私が一番感動しました。

DSC_4110.JPG


お約束のナカマチボッケの温泉卵。
今年は温泉じゃがも・・・

DSC_4134.JPG

本来はナカマチネシリ火口(山頂)へ登り下山の予定でしたが
天候の悪化の為、ピストンとなりました。
総勢24名皆様楽しんで頂けていたら幸いです。

DSC_4107.JPG

最後に、私達は普段足を延ばす事が出来ない場所を案内して頂きました。
本当のナカマチネシリ火口。
研究者の皆さんが、ガスを採ったり温度を測ったりする所。
昔はここで硫黄を採取していたんだな〜〜と感慨深く、感動しました。

DSC_4150.JPG

参加者の皆様、講師の皆様、スタッフの皆様。
本当にありがとうございました。


2018年09月23日

2018火山塾

2月21日、22日火山塾開催いたしました。
満身創痍の為、詳しい内容は後日とさせて頂きますもうやだ〜(悲しい顔)

DSC_4105.JPG

2018年09月07日

お知らせ

雌阿寒温泉一帯は現在の所、未だ停電が続いております。
自家発電で電話等通信網を時折繋いでおりますが
基本的な電灯等までは賄えない状況です。

温泉自体、自噴で電気は使用しておりませんのでご利用いただけますか
自動販売機、電灯などが使用できずご利用は午後4時迄とさせて頂いております。
ご理解の程お願い致します。


posted by 塾長 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ&ニュース