2015年08月22日

鳥さん達の営み

子供たちかな?
微笑ましい。

IMG_9536.JPG

IMG_9532.JPG

2015年08月17日

火山塾2015ご案内

雌阿寒自然塾 火山塾2015


昨今、全国の活火山が活発化していると言われています。去る7月27日には、当地雌阿寒岳でも噴火警戒レベルが2に引き上げられました。このような情報に接した私たちは、その情報をどう受け止め、どのように行動したらよいのでしょうか。
「火山塾」は座学とフィールドワークで構成され、どちらか一方の参加もOK。
1日目の座学は2部構成、セミナーでは、最新の観測データを基に、活火山である雌阿寒岳の現状と今後、また全国の活火山の動きについて、火山や地震、地質の専門家にお話し頂きます。ディスカッションでは「火山防災」をテーマに、現状と未来について考えます。
2日目のフィールドワークでは、雌阿寒岳(もしくは阿寒富士)へ登り、 活火山の息吹を直接感じて頂きたいと思っています。 安全を確保できる範囲で行動します。
(※噴火警戒レベル2 火口周辺規制)

■日程と内容(プログラム)
  9月24日(木)第一部 火山学セミナー 15:00〜16:30    
                      『活火山 雌阿寒の今!!』   
         第二部  ディスカッション 16:45〜18:00    
                      『火山防災の今と未来』

   9月25日(金)  フィールドワーク(登山)   
      雌阿寒岳7合目迄もしくは阿寒富士(状況により変更有)
     

      場所    山の宿野中温泉及び雌阿寒岳
      講師(予定)北海道大学地震火山研究観測センター   高橋 浩晃 氏
           (地独)北海道立総合研究機構地質研究所 岡崎 紀俊 氏
                 同             廣瀬 亘 氏
                 同               高橋 良 氏



2015年08月03日

昨日の雌阿寒岳

P8020027.JPG

オンネトー側から登るとこんな感じです。
阿寒富士へのラインは残されています。
鞍部となるので、登山される方は
現段階ではここに長く滞在しないで下さい。

少し噴気が高い?
いつもと違って灰色?
とかとか・・・言われる。
私は普段何を見てるんだろっていう位、著しい変化が実感出来ない。

7合目には人がいないんでしょ?自己責任で登っていいんだよね?
こうした質問形式で言われると・・・顔が真面目になります。







posted by 塾長 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 山の話