2015年11月18日

星空塾開催しました☆彡

星空塾2015 11月14日(土)に開催しました。
今年で6回目を数える星空塾。
今まで、たとえ直前に嵐に遭おうとも、望遠鏡で星を眺めなかったことはなく、
きっと奇跡が起きるだろうと期待し、星に願いを!!
でも叶わずバッド(下向き矢印)

楽しみにしていた星空が見られなかったのは残念でしたが、
その代わり座学はたっぷり時間をとって例年以上に詳しく解説していただいたので、
これはこれで良かったかも?
星空の案内役を務めて下さる講師の先生は、お馴染み円舘金さん、綾子さんご夫妻。
参加者は遠くは札幌方面から、また北見工大天文部の皆さんも起こしいただき満員御礼でした。
お断りしてしまった方、ゴメンナサイm(_ _)m
星空塾では、静かに瞬くぴかぴか(新しい)本当の星空を楽しんでいただきたくため、そして観察する(予定だった)オンネトーの展望デッキや座学会場の広さの制約もあり、参加者数は多くても20人くらいが限界かなと思っています。

今年のテーマは「天の川の正体は?」そして「アンドロメダ大銀河」。
天の川とは、宇宙にたくさんある銀河の中で、この地球が属している銀河そのものの姿であり、
その形が渦巻き円盤状であって、地球の位置がその銀河の中心からちょっと離れたところにあるものだから、一番星がたくさんある中心方向を見ると帯状に並んで見えるのだとか。というような、言葉で説明しようとするとややこしいことも、イメージ映像だとよく解ります。
銀河の中心にはブラックホールがあって、そこからジェットがコマの軸みたいにプシューッと出ているというのだけれど、それってどこへ行くのでしょうね?

天文学的数値という表現がありますが、宇宙を語る時の数値はやたらと途方もない桁が出てくるので、
なかなか実感できません。
星の動きは肉眼では認知できないほどゆっくりとした速度なので、
じっと眺めているだけでは止まっているようにしか見えないわけですが、
これを低速度撮影で時間を縮めて早送り映像でみるとたいへんよく分かります。
最近はタイムラプス映像という言葉が流行りだそうで、その代名詞になっているようです。
天体観測だけでなく植物の成長や雲の動きなどもヒューマンスケールの時間に合わせてくれるので、
いろいろ楽しめそう。確かにパラパラ漫画の楽しさかな。

円舘さんが長年かけて撮り溜めておいた映像を見せていただきました。
雲がほどよく浮かんでいると、その雲が空を横切って行くのも観察できて面白さが増すって話にも納得。
オンネトーに映る雌阿寒岳のシルエット。夜空を廻る規則正しい星の航跡。
美幌峠から見るご来光などもキレイ。

円舘さんご夫妻の息のあった解説。綾子さんはプラネタリウムや各地の星座観察会でも活躍するセミプロ。
回を重ねるごとにナレーションのグレードもどんどんアップしてくれています。
円舘さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。

                          Writed By Y.Inoue


KIMG3329.JPG


2015年11月13日

雌阿寒岳レベル1に!!!

本日午後4時、雌阿寒岳のレベル2が解除され
レベル1となりました。
これで規制無く雌阿寒岳に登って頂ける様になりました。

ただ、今回レベル2になるも噴火はしなかったという事で
未だ雌阿寒にはエネルギーが残ってる???

正直・・・正直
7月にレベルが2に上がった理由が今一つ解りづらい面が有り、
イコール今回下がった理由もこの時期?という思いもいなめません。
御嶽山の噴火、他活火山の噴火が有り致し方ないかもしれませんが。

今回、レベル1になり、通常の登山は可能ですが
気象庁の「活火山である事を留意」という事には変わりなく、
登山者の方には、活火山ではいつ何があってもおかしくないという気持ちで
登山前の情報収集も含め、注意深く楽しんで頂ければと思います。


posted by 塾長 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ&ニュース

2015年11月10日

神話の世界

伊邪那美の尊がお生みになった、火の神 火之夜芸速男之神
伊邪那美様はこの神を生んだ事で病に臥されたとされています。
「みほと炙かえて病み臥せり<みほとやかえてやみこやせり>」
みほととは、御火口とも読み=火山の噴火口とも読み解く事が出来る。

日本の神話の時代から大自然の営みを畏怖していたのですね。

今季雌阿寒岳は7月からレベル2が継続されています。
=噴火か?と言うと現段階ではそんな中で落ち着いているのではと思います。

今季のオンネトー線の除雪がレベル2という事で継続して行われる。
通常の国道側の3kmの方が火口に近いので、非難するのは上螺湾方面に避難しろと・・・
通常は簡易ゲートを置くとの事。
有事があった時の為の処置という事らしい。

でも本当に有効なのか分からない。
国道の様に24時間体制で除雪が出来る訳が無い。
中途半端に除雪し簡易のゲートを置く事で、安易に人が入るのではと心配にもなる。
私達住民は噴火で避難となった場合は普通に粛々と通常ルートから非難する。
もちろんお客様にもその様に行動して頂くのだと思う。
夏場でも道幅が狭く時間が掛かる上螺湾方向へ非難する選択肢は私には無い。

様々な方が様々な方向から防災を考え実施するのだと思う。
もう少し思慮して頂けたら・・・
またまた悩ましい話です。









posted by 塾長 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹々や花、植物の話

2015年11月07日

雌阿寒岳定点観測2015/11/7

IMG_9803.JPG

11月7日と言いながら、写真は1日のものです。
少しばかりバタバタしてUPせずに今日に・・・
基本変わらずです。
火山性地震も一けた台で落ち着いています。
微動も先月一度確認されただけで、それ以降はありません。

巷では、山頂が茶色くなってるだの黒くなってるだの
噴煙が多い等言われていると聞く機会がありますが
=噴火かと言うと???
正直そうゆうなんちゃって地元民の言葉がまことしやかに流れ
その事自体が風評被害を増長するのでは?と不安。





posted by 塾長 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雌阿寒測候所