2017年01月25日

データ・フィクション

久しぶりの投稿です。
カラダがついて行かず=頭もついて行かず。。。
自然と対話する事をしていませんでした。

所で、データ・フィクションという言葉をご存じでしょうか?
要はネット上に出ている事がすべて真実と思ってしまう現象といいますか、
ネット上、もしくはテクノロジーに依存し、正しい、間違っているの判断を
自身が出来なくなってしまっている状態なのだそうです。

先日とある取材を受けました。
記者の方とは配信前にもなんども確認をして頂き、
こちらサイドも全て細かい所まで記憶に無い訳で、
はっきり言える部分だけで・・・と申し上げていた。
すると、その記者の上司の方から連絡があり
「ネットにこう出てるけど、どうなんですか?」という話に・・・
本当の家のことは、家しか知らない訳で・・・
何故誰が書いたか分からないネットの記事で「違う!」と言われなきゃいけないのか???と
以前どなたかが家側に聞いて書いたかもしれない・・・
でも「だいたいこうです〜〜〜」的なことをまとめたものしかないはずで・・・
ウィキペディアだってどんどん加筆されていく訳で・・・
恐ろしいと思ってしまいました。


今、温泉問題も続いている。
豊洲の問題と照らし合わせると面白い。
今迄と違う検査機関が調査に入ったら急に数値が上がった。
それに対して「その数値は最下限のもので、今の地下水を20年飲んでも大丈夫」って
家もそう言いたい。
111歳の祖父ちゃんが少なくても90年は暮らし続けていて何ともない。
でも、認めて貰えない。もちろん。
役所が作った数値は数値で順守しなくてはいけない。
けど、豊洲は?福島原発は?
簡単に数値変えた気が・・・

硫化水素の数値もネット上みると厳しいものがある。
でも労働基準法に照らし合わせるものと、温泉入浴に関するものは
やはり違うべきと思ってしまいます。
ネット上、マスコミに書かれていることが全て正しいわけじゃない
そんな言葉を夢に見て書いてしまいました・・・


posted by 塾長 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2017年01月01日

あけましておめでとうございます。

DSC_1203.JPG

昨年中はお世話になりました。
今年も宜しくお願い致します。

posted by 塾長 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事