2014年09月28日

御嶽山噴火

昨日の御嶽山の噴火。
映像を見た時は衝撃を受けました。
それは、普通に火口付近に多くの登山者がいたから。
9月から火山性地震が増加していたなら、何故レベルを上げ火口周辺規制をしていなかったのか?
雌阿寒の今迄の状況と照らし合わせると、初めは疑問に思えました。

雌阿寒岳も同じ活火山です。
レベル化もされています。
気象庁が発表するレベルというのは、レベル1が平常。
すなわち御嶽山は平常の状態だったという事。

雌阿寒でレベル2(火口周辺規制)が出るのは、
火山性微動が観測されたらです。(これも単純ではないですが)

今回の御嶽山は噴火のわずか10分前に微動が観測された。
事前にレベルを上げるのは不可能だった・・・と言う事になる。

各々の火山には各々の特徴があります。
例えば有珠の様に、火山性地震が増加すると噴火すると解りやすい山もある。
そして、御嶽山や雌阿寒の様に過去の火山の歴史もあまり残って無く
現時点の地震や山体の膨張など注意深く見守るしか無い山も有る。

雌阿寒に泥流センサーが設置される時、センサーが切れた場合地元への直接連絡は出来ないと言われた。
まず、ここから40km程離れた役場に連絡が入り、そこからここへ連絡。
普通でも間に合わないし、意味が無いと思えた。
「では、夜間や役所が休みで担当者が居ない時は?」と聞くと
その担当者は「噴火は予知が出来るから、そうゆう時は事前に担当が当直している」と言い放った。
悲しくなったんですよね、その言葉に。

噴火、自然災害の予知には限界がある。
活火山と向き合うには、個々がきちんと意識しなければいけないと思っています。
そして、レジャーとして多くの登山者が登る以上、
山麓に住む者として、皆さんにきちんと情報提供をしていかなくては・・・

未だ被害状況の全容が分かっていない御嶽山。
皆さんのご無事を願っております。






【山の話の最新記事】
posted by 塾長 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 山の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104006228
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック