2015年07月31日

レベル2・・・その後

噴火警戒レベルが2に引き上げられ4日が経ちました。

その間、ヘリが飛び、マスコミさんの車がいっぱいで
「やっぱり危険なんだね〜〜」などの観光客の声も聞こえ・・・
そう、元々雌阿寒岳は日常的に噴煙が上がっている山なのですが、
こうゆうニュースが出ると過剰反応される方もいて、こう言った部分では困ってしまいます。

観測されている火山性地震は、レベル引き上げ前の26日、27日は1日180回以上でしたが、
28日49回、29日27回、30日13回と落ち着いた状態です。
もちろん、火山性微動は観測されていません。
ただ、今回の引き上げは単純な地震の増加によるものだけじゃないとの事で、
レベルが平常に戻るまでは、地震の増減、噴煙の多少等に一喜一憂せず、
注意深く見ていかなくてはと思っています。

登山者の方も冷静に受け止めて下さっており、
雄阿寒岳、阿寒富士への変更をしたり、
「又今度登りに来るから〜」と登山中止をされてます。

もちろん、火口周辺規制でピークを目指せないという事で
キャンセルは出ていますが、これは仕方ないこと。
がんばらなきゃ!!です。


【山の話の最新記事】
posted by 塾長 at 17:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 山の話
この記事へのコメント
テスト
Posted by テスト at 2015年08月02日 19:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/158446486
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック