2016年08月19日

台風7号の爪痕

17日、台風7号が直撃。
北海道への台風上陸は9年ぶりだそうですが、
正直その9年前「以外にたいした事ないね〜」なんて言ってた覚えが・・・

昼位から風が強くなり始め、他地区で停電とニュース。
「あれ?ここは???」と思っていたら
案の定午後7時前に停電。
発電機を回し館内や客室にランタンや蝋燭を配り、お客様に我慢して頂きました。
久々に食器を手洗いなんかして。。。

停電自体は今迄の爆弾低気圧や暴風雪の時の経験があり予想はつくのですが
今回違ったのは、まず携帯電話の基地局のバックアップ電源が稼働せず
我が家の電話自体も停電=即不通になってしまった事。

無論、無線LANも常時活かすことは出来ず、TVも無し。
情報が全く取れない・・・
唯一生きている公衆電話はこちらからの一歩通行。
今後どう様にして行けばいいか考えなくてはいけない事案です。

通電したのは昨日18日の21時過ぎでした。

今回の台風7号は我が町に大きな爪痕を残しました。
町内のある地区では床上浸水。此処までの被害は初めてだったようです。
国道も倒木や土砂崩れなどで車の立ち往生が起きていました。
そして、オンネトー線は倒木の為、翌18日も通行止めが続きました。
正直、私共が知ったのは18日の朝。少し落ち着いて外回りを見に行った時。
こうゆう時こそ町の防災無線を活用して欲しいものですが・・・

雌阿寒温泉の直接的被害はお陰様で衝立が飛ばされた事位ですみました。
ただ、前庭に大きな穴が・・・


DSC_0335.JPG

昨日はオンネトー線が通行止めと知らず、ひっつきりなしに車が往来。
国道からすぐの電光掲示板が作動せず、情報が無いから・・・?
中には自転車でキャンプ場へ向かう為に走って来た若者グループも。
公衆トイレも停電の為当初は流れず、我が家に来る方も・・・
でも、家も水不足に陥るのは必至で、朝の時点で休館させて頂く事にしました。
今後行政にこの様な時の対処も検討して頂きたいと思います。






posted by 塾長 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176532593
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック