2020年08月01日

雌阿寒岳の話

久々の投稿です
サボっていたと言いますか、火山塾迄特段イベントも無く
プライベートの部分はfacebookに移行してしまいましたので
こんな感じで・・すみません。

と言い訳で始まりましたが
ここ数日、雌阿寒岳の噴煙が多くなっています。

DSC_6944.JPG

噴煙が増えているのは、山頂の赤沼火口という所で
温泉側から登ると、9合目からすぐ見える場所。
昨日見ると、2006年に亀裂が入った北西斜面孔からも
高らかに煙が上がっていました。
私自身、2006年噴火後依頼の風景です。

一応気象庁に確認しましたが、現在は即噴火をする兆候では無いとの事。
ただ、改めて活火山なのだと意識しましたし
登山者の皆様にも活火山であることに留意し、登って頂きたいと思います。
【山の話の最新記事】
posted by 塾長 at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 山の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187761546
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック