2010年06月16日

第2回火山塾 雌阿寒岳登山会、無事終了しました。

前夜の座学に続いて、6月16日は、雌阿寒岳の登山会が行われました。

天気予報は雨。
登山会自体できるのかどうかすら心配される状況でしたが、
それでも地元の足寄や阿寒、帯広。。遠いところははるばる札幌からも参加者が集まってくれました。

朝9時に出発。
北海道でも珍しくなってしまった手つかずの自然。
河川争奪で姿を変えていく川。
山肌に現れる溶岩流の美しい姿。
人間の手が入る前の姿を残したアカエゾマツやトドマツの針葉樹林。
斜面を流れ下った土石流の荒々しい姿など、
火山だからこそ生まれた雌阿寒岳の姿について、
廣瀬さんから解説がありました。

8合目頃から風と雨が強くなり、雌阿寒岳の一番の魅力である山頂火口(ポンマチネシリ火口)や中マチネシリの噴煙や、阿寒富士・青沼の美しい姿は拝めませんでしたが、風の音の合間に聞こえる「ゴーッ」という噴気の音を通して、活火山としての雌阿寒岳の姿に触れることができ、塾生にとって印象深い登山となったようです。

IMG_4183.JPG

参加した塾生のみなさん、安全な登山のために汗をかいてくれた裏方の皆さん、講師を務めてくれた廣瀬さん、高橋さん、岡崎さん、田村さん、ありがとうございました。
この記事へのコメント
登山会の写真に松浦の古くからの山仲間で三遊会の佐藤と伊藤らしき者が写っていた・・毎年納会でお世話に成りありがと〜
Posted by 松浦剛志 at 2010年12月28日 13:45
コメントすみません。
こちらこそ毎年ありがとうございます。
6月の火山塾に佐藤さん、伊藤さんにご参加頂きました。来年の様々な登山会へのご協力、是非お願い致します。
Posted by @塾長 at 2010年12月28日 14:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38968981
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック