2012年03月28日

雌阿寒・・・冬山勉強会。


25日、日曜日・・・雌阿寒岳に登って来ました!

24日開催予定だった「冬山塾」でしたが、
天気予報がその日だけピンポイントで暴風雪。
順延という事にしていましたが、24日夜の時点でも雪がやまず、
やむなく、基本的には大きな会は中止との判断になりました。

が、やはり天は見放してはいなかった様です。
晴天と迄は行きませんでしたが、山が見えお日様も顔を出してます。

山岳ガイドの田村さんを先頭に総勢5名+1匹、
冬山勉強会という事での出発となりました。


1合目、2合目はスノーシューも初めてという方もいらして、
傾斜がきつめの所では少し苦戦しましたが、鳥の姿も見えいい感じ。


IMG_1652.JPG


3合目を過ぎた辺り。
ハエマツは全て雪の下。
夏とは全く違った山の姿です。
期待していませんでしたが、北西斜面も見えお日様も薄ら見えました。



そして、ここからが本格的な冬山登山。
登山道をショートし進みますが、ツボ足登山の隊長苦戦。


IMG_1662.JPG


大きなな沢を越えようやく4合目到着。
風も無く、とても暖か。




IMG_1667.JPG


隊長のラッセルでようやく進む。
ここら辺からはアイゼン装着。
固まった斜面に薄らと積もった雪。かなり滑る所もある。
登山道を少しずれると、ずぼっと埋まる。
ここまで来ると、自分の足場だけでいっぱいいっぱいです。



IMG_1678.JPG



IMG_1672.JPG





途中、1人で登ってらした女性と合流。
6人での登山となりました。


IMG_1690.JPG


8合目手前。
相変わらず、我関せずのモコ。




IMG_1700.JPG



9合目からは風が強く、みんな黙々と歩を進めるだけ。
8合目からおよそ1時間、ようやく山頂!!
「冬山登ったぞ〜〜!」の声に思わず私も感激。



帰りは、沢を尻すべり。
童心に返ってというよりも、童心そのもので楽しみました!



行動時間は7時間。流石に疲れましたが充実感でいっぱい。
一度は諦めた今回の登山でしたが、来てよかった。
参加者のみなさん、田村さんありがとうございました。


ちなみに、翌日の私の顔は真っ赤っか・・・サングラスの所だけが白い。
雪焼けをなめてましたバッド(下向き矢印)










この記事へのコメント
どうも雌阿寒岳には神様がいるような気がしてなりません。
たしなめられているような、諭されているような…
Posted by 南瓜 at 2012年03月28日 20:48
間違いなく存在しますね(笑)
そして、その山の神とモコは間違いなく会話しています。
Posted by @塾長 at 2012年03月29日 04:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54657620
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック