2014年02月03日

ほっとしました。

昨晩、雌阿寒から下山出来ない人がいる・・・
と消防から確認の連絡がありました。
ご本人からの110番通報だった。

昨日は午後2時過ぎから、地吹雪が酷く
ここの辺りでさえ前が見えない様な状況。
山は相当の暴風雪の状況と想像できる。

問題は、携帯の充電が切れそうな中時折入るご本人の話。
受け取る側が地形に精通していないと、全く意味をなさないものになる。

昨夜、偶々撮影隊と同行している登山ガイドさんがご宿泊していた。
少ない情報の中で、既に下山し山裾の川沿いに居るのでは?
という事で、彼等が捜索に出てくれた。

ほどなく、トレース発見との連絡。
無事保護と言う事になりました。
偶然が功をなしたという事です。


私が申し上げる事ではないかもしれませんが、
冬山は特に天気の変動が激しいのです。
今晴天でも1時間後はホワイトアウトしてしまう・・・

事前の天気の確認、装備、予備食。
充分の準備の元の登山をお願い致します。



【山の話の最新記事】
posted by 塾長 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 山の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86569432
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック