2020年03月22日

冬山塾のご報告

3月20日予定通り、冬山塾開催しました。
出発前、新得登山学校の先生でもある大橋先生に簡単なレクチャーを受け
用意して頂いた登山の行程表であるベアリング表と地図を携え9時半に出発!!

DSC_6853.JPG

早朝かなり強かった風もほぼ止み、雌阿寒も顔を出してくれました。

大橋先生、ガイドの前田さんが、私達のペースに合わせ、ゆっくり進んでくれます。
途中途中で、歩行の仕方、ピッケルの滑落時の使用法等々
様々な登山知識を学びつつです。


IMG_9891.jpg

今迄の冬山では見た事が無かった合目サインが見えてます。
今年は本当に雪が少ない・・・


DSC_6866.JPG

大沢では太陽も見え、ピカピカの雪原。
これぞ、冬山の醍醐味です。

少し上で、アイゼンを装着し進みます。
ここでも、アイゼンの装着方法や歩行法のレクチャー
私などは、アイゼンのストラップ迄切って頂いたりして〜
普段男の方に至近距離で優しくされた事が無いので、ちょっと緊張揺れるハート

少し風が出始め、斜面も固くなり緊張感が増します。
トップを行く前田さんがしっかり踏み後を付けて下さり、
私達はその後をそのままトレース。安心です。

13時過ぎ、どうにか8合目手前の平場に到着。
風が有り、雲の流れが速い。
山頂付近が見えたり、隠れたり・・・
時間も考え、ここを今日の山頂と決めました。

DSC_6871.JPG

ここで軽く食事をとり下山開始。
夏山でも下山の方がハードルが高く、尚且つ今年は雪では無くアイスバーンもある。
大沢迄はビビりながらのへっぴり腰。
「しっかり踏み込んだ方が滑らないですよ〜」との声を励みに
歩を進めました。

ようやく、大沢。
これも、あまり見た事が無い雪崩の様な跡?

IMG_9920.jpg



IMG_9913.jpg

15時半、無事下山


IMG_9916.jpg

登山後、大橋先生による簡単なミーティングで解散。
今回は沢山の事を学びました。
ただ、カタカナ言葉が多すぎてテストされると厳しいですバッド(下向き矢印)
スマホのアプリ、ジオグラフィカは山菜採りの時は絶対使います!!

大橋先生、ガイドの前田さん
田村会長本当にありがとうございました。
そして参加者の皆様お疲れ様でした。


2020年02月23日

スノトレ塾2020

スノトレ塾終了いたしました。
総勢24名。前日の悪天候で参加出来ない方が出ましたが
我自然塾の行事としては大賑わい・・・嬉しい悲鳴です。

先発隊は8時15分ソリを引き出発!

DSC_6768.JPG

雲は厚めでしたが風もなく穏やか。


IMG_9659.jpg

オンネトー湖上で皆を待ちます。


DSC_6783.JPG

10時30分参加者到着!!
早速記念撮影。
残念ながら、雌阿寒岳&阿寒富士は裾野しか見えず・・・


DSC_6793.JPG

オンネトー湖上で、熱々の豚汁でちょっと早めの昼食タイム。
少し風が出て来て寒くなった身体に染み渡った・・・筈?

IMG_9670.jpg

昨晩降った雪も強風で全て飛ばされた感じで、
足元はふかふかと言うよりも、ザクザク。
心地よさが半減かな?
でも、自分達だけのオンネトーを満喫出来ました!!

改めて、参加者の皆様、お手伝い頂いた皆様ありがとうございました。







2020年01月09日

オンネトースノトレ塾2020

DSC_4804.JPG

今年もこの時期がやって参りました!!!
温泉からオンネトー迄をふかふかの雪の上を
スノーシューで歩きます。
この時期は、凍結したオンネトー湖上から
大迫力の雌阿寒岳&阿寒富士が見えますよ。
今年もテーマは「オンネトー湖上で豚汁を!」です。
昨年制作して頂いたソリで運びます。もちろんチロと。
頑張ります!
ご参加お待ちしております。

日時 2月23日(日)9:30〜(行動時間約4時間)
  
場所 オンネトー(集合は野中温泉ですー15分前)

定員 15名
   
会費 500円

持ち物 お弁当、防寒着(手袋等)、飲み物(温かい飲み物等)
    カメラ
※ スノーシューはお貸し致します
※ ご連絡はこちらからか、お電話にてお願い致します。
  п@0156-29-7143

2019年12月01日

星空塾2019

DSC_6417.JPG

昨夜、晴天の中星空塾開催致しました。
取り敢えず、写真をUP
実際はこれより100倍美しかった。。。

2019年10月19日

オンネトー星空塾2019

今年もオンネトー星空塾開催致します。
11月30日(土)19:00〜20:30(予定)

講師は小惑星ハンター 円舘 金さん&綾子さんご夫妻。
今年は阿寒富士から昇るオリオン座が見えるかも?
金先生ご夫妻の息もばっちり!講座も楽しんで頂けます。

空のご機嫌を伺いながらの星空観察。
この季節だからこその素晴らしい夜空をお楽しみ下さい。

参加費  大人 1,000円 子供 500円
持ち物  防寒具・カメラ・ライト等
問合せ  めあかん自然塾  0156-29-7143
http://meakan-shizen.sakura.ne.jp/






IMG_6401.JPG

2019年10月10日

火山塾2019座学 藤原善明氏編

札幌管区気象台火山活動評価官である藤原さんのお話です。



個人的に開催している火山塾に協力して頂けた事に感謝です!!


2019年10月09日

火山塾2019座学 佐藤十一氏編

火山塾2019座学編

先日の火山塾座学の動画
及川さんVerです。





他の方のものも随時UPしていきます。。。

2019年10月07日

火山塾2019登山編

先日の火山塾の動画です
編集が今一つですが・・・


2019年09月24日

火山塾2019 登山編

昨日にひき続き・・・火山塾登山編
9月21日(土)快晴の中、火山塾を開催しました。

DSC_6021.JPG

8時過ぎ温泉を出発し、悪路の為阿寒湖畔登山口入り口に着いたのが9時
田村会長の挨拶の後、総勢35名で出発!!



DSC_6037.JPG

アカエゾマツなどの植生の説明を受けながら進みます。



DSC_6040.JPG

1042m峰
雌阿寒岳の火山の地熱活動がリアルに感じられる場所です。



DSC_6081.JPG

彼方に剣が峰が・・・



DSC_6091.JPG

雄阿寒岳、阿寒湖・・・



DSC_6105.JPG

火砕サージの堆積物。
景観も広がり、白水ボッケなどが見えます。



DSC_6115.JPG

実はここが一番上がる処グッド(上向き矢印)
「火星みたい〜〜〜」って声があがります。。。


DSC_6120.JPG

アルマゲドンの如く進んで行きます


DSC_6150.JPG

ナカマチネシリ火口到着
噴煙を上げ、まさに生きている火山を真近に・・・


DSC_6138.JPG


IMG_3207.JPG

ナカマチネシリの火口の淵から覗き込み。。。




DSC_6129.JPG

DSC_6145.JPG

90℃を超すボッケで温泉卵&じゃがバターいい気分(温泉)
楽しいひと時るんるん

DSC_6187.JPG

雌阿寒岳山頂から・・・先程いたナカマチネシリ火口眺める。


DSC_6190.JPG

ポンマチネシリ班21名です!!!


ナカマチネシリピストン班
ポンマチネシリ縦走班
皆がんばりました。

小学生のお子さんもいらして、皆優しくフォローして下さっていました。
参加者の方から学ぶ事も沢山あります。

又、地質研究所の廣瀬さん初め関係者の皆様
足寄山友会田村会長、標茶山岳会佐藤さん、伊藤さん
ありがとうございました。

あ〜〜〜〜楽しかった〜〜〜〜かわいい



2019年09月23日

火山塾2019 座学編

2019年9月20日火山塾座学開催致しました。

IMG_3034.JPG

DSC_5997.JPG

第一部は道総研地質研究所の廣瀬さん、高橋さん。
「雌阿寒岳の成立ち」そして「温泉、火山ガスなどの活動現況」という事で
お話し頂きました。


DSC_6005.JPG


DSC_6007.JPG


第二部は気象庁に長年お勤めの佐藤十一さん
そして元職員で現在防災プランナーとしてご活躍の及川太美夫さんにお話し頂きました。
佐藤さんには、ご自身が見てこられた雌阿寒岳の容姿や登山の歴史
松浦武四郎は雌阿寒に登った?など多岐に渡った楽しいお話をお伺いしました。

及川さんには、火山の魅力そして火山防災という事で
ご自身の気象庁当時の経験、そして辞められてから感じられた事
組織に頼らない個人で取り組む火山防災について・・・お伺いしました。
数多くの講演をされていらっしゃるお話は、やはり面白い。流石です。



IMG_3043.JPG

札幌管区気象台藤原義明氏の雌阿寒岳活動現況の説明
現在の気象庁の火山観測についての紹介
めあかん自然塾10年目にして初めて気象庁の方が公に参加して下さった・・・
発足当時を思うと夢の様です。
継続は力・・・座右の銘です。
密かに涙しました。。。


DSC_5992.JPG

おまけ。

2019年08月07日

雌阿寒火山塾2019のお知らせ

毎年恒例となりました「雌阿寒火山塾」を今年も開催致します。
今年の座学は二部制とし、一部では現在も雌阿寒岳観測を続けて下さっている
道総研地質研究所のお二人に雌阿寒岳の成り立ちや火山地質、温泉と火山ガスのお話を。
二部では気象台出身のお二人に火山防災、そして火山の魅力のお話をして頂く予定です。
その後、参加者の皆様とディスカッションも予定しております。

翌日の登山は昨年、一昨年に引き続き元硫黄鉱山跡でもあるナカマチネシリ火口へ
すぐ近くにボッケがあり、又力強い噴気は雌阿寒岳山頂のポンマチネシリ火口とは全く違った景色を見せてくれます。
専門家の皆様とだから行ける、ナカマチネシリ。是非この機会にご参加如何ですか?


日時 座学   9月20日(金)18:30〜
        一部  雌阿寒岳の成立ちと火山地質   廣瀬亘 氏
            雌阿寒岳の温泉と火山ガス    高橋良 氏
        二部  「火山の魅力そして火山防災」
             楽しい登山に向けての第一歩  及川太美夫 氏
                            佐藤十一 氏
                            高橋浩晃 氏
         ※おおよそ2時間程度の予定です。
   
   登山   9月21日(土)8:00登山開始(阿寒湖畔登山口)
         (野中温泉集合7:40。行動時間はおよそ8時間)
         ※野中温泉から乗り合いで阿寒湖畔登山口へ向かいます。
         ※装備に関しては特別なものは必要ありません。各々準備願います。

場所 座学   山の宿 野中温泉(雌阿寒温泉)
   登山   雌阿寒岳ナカマチネシリ
         
講師 北海道大学地震火山センター  教授  高橋 浩晃
   道総研地質研究所       博士  廣瀬 亘
   道総研地質研究所       博士  高橋 良
   道総研地質研究所       部長  岡崎 紀俊
   釧路地方気象台            佐藤 十一
   オフィス及川防災プランニング 代表  及川 太美夫
登山ガイド  足寄山友会      会長  田村 勝男

参加費  1,500円

問い合わせ先   めあかん自然塾   Tel 0156(29)7143
E-mail meakan-shizenjyuku@ipstar.ne.jp
http://meakan-shizen.com/


DSC_4105.JPG


2019年04月30日

2016星空塾動画です










当日の模様のブログです
下指差し
http://meakan-shizen.sblo.jp/article/177858613.html


2019年04月29日

2016雌阿寒火山塾座学 動画です



















2019年04月28日

2018年星空塾の模様です

















2019年04月27日

2016火山塾登山編の動画です。




当時の写真(ブログUPしてませんでした眠い(睡眠)
    下指差し
http://meakan-shizen.sblo.jp/article/179149506.html


2019年04月26日

2017火山塾座学の動画

2017年開催した火山塾座学
3名の講師の方の動画です。
















2019年04月25日

2017年火山塾ナカマチネシリ登山動画




当日の様子はブログで・・・
http://meakan-shizen.sblo.jp/article/181025344.html


2018年のナカマチネシリ登山の動画です。






当日のブログです!
http://meakan-shizen.sblo.jp/article/184555658.html