2023年10月13日

火山塾 地震直後

先日の火山塾
ポンマチネシリ火口内で説明を受けている時に地震に遭遇
ビデオでは映っていませんが、火口壁からの石、砂の崩落
緊迫感がありました

2023年10月04日

雌阿寒岳火山塾2023 登山編

前日の座学に引き継続き、30日に登山を実施しました
今回は許可を得て、ポンマチネシリ火口内へ
自然塾としてポンマチネシリへ向かうの2016年以来となります

私自身、火口内にに入ったのは、2006年噴火で
研究者の方の調査登山にお供させて頂いた以来(しかも冬季)
記憶がかなり改ざんされていたようで
あれ、火口内ってこんなに広かった?
青沼ってこんなに大きかった??
などを思いながら登って行きました

火口内に入ると天候も思いのほかよく、時折青空も見え
すべてが神々しくさえ見えました

偶然ではありますが、火口内で説明を受けている最中
徹別群発地震が発生!
火口壁から石、砂がガラガラと崩落
一瞬、緊迫!!!
ただその時に専門家の方の「これは噴火ではない」との声が聞こえ
落ち着いて行動する事が出来ました
この様な経験も今後に活かせていければと思っています

帰りは、オンネトー登山口ピストン班
山頂経由、温泉登山口班に別れ下山

参加者の皆さまの笑顔、感嘆の声
我らの田村会長の現役バリバリ感
これぞ火山塾!!そんな1日でした!!!

総勢26名、ご参加頂いた参加者、関係者の皆様
ありがとうございました

IMG_1816.JPG

IMG_1819.JPG

IMG_1832.JPG


IMG_1846.JPG

IMG_1851.JPG

IMG_2148.JPG




2023年10月03日

雌阿寒火山塾2023 座学編

9月29日 金曜日

道立総合研究機構地質研究所 廣瀬 亘 先生
北海道大学地震火山研究センター センター長 青山 裕 教授
釧路国際ウェットランドセンター阿寒湖沼群・マリモ研究室 若菜 勇 先生
3名をお迎えし、雌阿寒岳火山塾 座学を開催致しました

廣瀬先生には「雌阿寒岳の生い立ち、誕生から現在まで」と言う事で
雌阿寒岳そして阿寒カルデラの成立ちや噴火史を講義頂きました
火山塾皆勤賞の廣瀬先生。抜群の安定感です!

DSC_8045.JPG


青山教授は「雌阿寒岳における北海道大学の取り組み」という事で
ご自身はもとより、今迄北海道大学として
どの様に火山観測を行って来たかというお話
懐かしい諸先生のお名前も沢山出て来て、ついつい前のめりで聴講
今回初参加の先生でしたが、聴衆の関心を逃さない・・・流石です。

IMG_0021.JPG


若菜先生「阿寒カルデラの湖沼群ーたぐいまれなる淡水生態系の標本庫」
マリモ保護研究から得られた様々な知見、阿寒カルデラ湖沼群の特異性のお話
今見えている自然環境は永遠ではない。気象状況、災害等で変わっても行くし
私達人間が壊してしまう事もある...その方が多いかも???
一人一人が意識する事が守る事に繋がる
阿寒地区が世界自然遺産にに選定されるには、まだまだハードルは高そうですが
めあかん自然塾としても、考えて行かなくてはいけないテーマを頂きました

IMG_1811.JPG

IMG_1809.JPG

講師の皆様はじめ、関係者、ご参加頂きました皆様
ありがとうございました








 

2023年08月06日

雌阿寒岳火山塾2023

日本に110座(?)ある活火山の一つ雌阿寒岳
活火山だからこその多彩な表情で私たちの心を惹きつけ、
多くの恵みをもたらせてくれています
しかし、ひとたび噴火が起きれば・・・
火山、地震、地質、水質  雌阿寒岳観測各分野の専門家を招き、
最新の知見を学ぶ座学と登山・・・今年は通常入林禁止のポンマチネシリ火口内へ!!
                        <許可を取り入ります>
講師の方のお話を聴きながら登れば、新たな雌阿寒岳の魅力に出会えることでしょう
皆様のご参加お待ちしております
 座学  9月29日(金)18;30〜20:30
                  山の宿野中温泉食堂
「雌阿寒岳の生い立ち 誕生から現在まで」
      北海道立総合研究機構地質研究所 主任 廣瀬亘 氏
「雌阿寒岳における北海道大学の取り組み」
   北海道大学大学院理学研究院附属地震火山研究観測センター
                      教授 青山裕 氏 
「阿寒カルデラの湖沼群―たぐいまれな淡水生態系の標本庫」
   釧路国際ウェットランドセンター阿寒湖沼群・マリモ研究室
                         若菜勇 氏
  ※内容が変わる場合もあります
登山  9月30日(土)8:30〜15:00
               (多少前後する場合もあります)
 雌阿寒岳 オンネトーコース 
      (15分前迄オンネトー登山口に集合してください)
※登山だけ参加大歓迎です
※天候の条件の許す限り山頂を目指しますが、危険と判断した場合
即中止下山します。又、体調が悪くなった場合直ぐお伝え下さい
参加費:1500円
 定 員:15名
 持ち物:昼食、飲み物、登山道具一式(寒くなる場合もありますので上着は必須です)
《お申込み》めあかん自然塾 http://meakan-shizen.com
      e-mail meakan-shizen@outlook.jp
      ※申し込みはHP&メールのみ 

IMG_6753-1.jpg

2023年01月12日

星空塾2023のお知らせ

例年オンネトーの星空を皆様にという事で開催して来た
「星空塾」ですが
今回は2月極寒の雌阿寒温泉周辺で満点の星空観察
小惑星ハンター円舘金さん&綾子さんご夫妻の楽しい話も
もちろんあります!!

日時 2月18日(土)17:00〜19:30
場所 雌阿寒温泉(山の宿野中温泉)周辺
参加費 大人800円 中学生以下500円
持ち物 防寒具、手袋、懐中電灯等、カメラ(三脚)もあるとより楽しめます♪
ご参加希望の方は
電話 080-3237-8953
メール meakan-shizen@outlook.jp
いずれかへご連絡お願いいたします
ご参加お待ちしております。


IMG_0473.jpg

2022年05月10日

雌阿寒岳火山塾2022

生きた教材「雌阿寒岳」を学ぶ火山塾
阿寒硫黄鉱山跡であるナカマチネシリ火口を目指します
ナカマチネシリの噴気は力強く、活火山で有る事を感じさせてくれます
地質、地震、火山それぞれの専門家と共に説明を受けながら登ると、
普段何気なく通り過ぎている登山道が一味違った景色に見えてきます。
場合によっては、通常の雌阿寒岳ポンマチネシリ火口へに変更の場合もあります

※ナカマチネシリへの入山は森林管理署の許可得ています。

日時 6月11日(土)
   8:30登山開始予定
     (阿寒湖畔登山口)   
  野中温泉集合8:00
  行動時間およそ8時間
  
参加費 1,500円
定 員 10名
申し込み お電話又は自然塾HP
     TEL 0156-29-7143
     http://meakan-shizen.com 

※野中温泉から乗り合いで、阿寒湖畔登山口へ向かいます。
    ※装備に関しては、特別なものは必要ありませんが、各々準備願います
   ※通常の登山と違い、要所要所で講師の説明があります。


IMG_3527.jpg

2022年02月12日

スノトレ塾2022開催報告

本日(2月12日)スノトレ塾無事遂行する事が出来ました
未だコロナ禍と言うこともアリ、人数も制限させて頂きましたが
昨年開催出来なかった分嬉しさ一入です!

DSC_7806.JPG

89F5A843-2D09-454B-A84F-B9045495B108.jpeg

DSC_7813.JPG

オンネトーで豚汁を・・・
この為に・・この為だけに頑張ってます。。。

IMG_0020.JPG

総勢13名
楽しんで頂けたかな〜〜〜

DSC_7822.JPG

帰りの荷下ろしは金くん


DSC_7842.JPG


6D761CD8-0867-4F42-8E3B-43623B4F2369.jpeg


久々のトレッキング
私自身も楽しめました

参加者の皆様、スタッフの皆様
ありがとうございました


2021年11月28日

星空ほ無理でしたが

昨夜のオンネトー星空観賞会は悪天候の為
星空観賞は中止に・・・
急遽円舘さんにお願いし、室内でPCを囲み
即席座学となりました。
参加者の皆様申し訳ございませんでした
ただ、私的には楽しかったのですが。。。
それにしても・・・今夜は星がバッチリ☆彡
神様は時に意地悪です

DSC_7629.JPG

本当はこの予定でしたが・・・
DSC_7616 - コピー.JPG

2021年10月28日

オンネトー星空観賞会のご案内

昨年はコロナ禍と言う事で中止となりました星空塾ですが、
今年は「オンネトー星空観賞会」という事で開催致します
講師は惑星ハンターの円舘金さん
星座などの説明を聞きながらの星空観察
楽しめる事請け合いです!!
満天のオンネトーの星空をご是非堪能下さい
日時 11月27日(土)18:30〜20:00
場所 オンネトー展望デッキ
持ち物 防寒具、手袋、懐中電灯等、カメラ(三脚)もあるとより楽しめます♪
ご参加お待ちしております。
※屋外でのイベントになりますのんで
 天候により中止となります

DSC_6423.jpg


2021年08月20日

火山塾・・・

検討の結果、今回の火山塾は中止とさせて頂くことになりました。
本当に残念です

来年は6月に開催する所存です・・・


2021年01月07日

今年度のスノトレ塾は中止です

様々な状況を考え、今年度のオンネトースノトレ塾は
中止とさせて頂きます。

冬季の美しいオンネトー&豚汁は来年までお待ちください!!

IMG_0159.jpg

2020年10月04日

雌阿寒岳火山塾2020開催報告

9月25日 火山塾座学を開催致しました。
翌日予定をしていた登山は、台風接近の為事前に中止となりました。

座学のトップバッターは道総研の廣瀬 亘氏
「雌阿寒岳の成立ち」
雌阿寒岳は固より、北海道自体も火山噴火によって形作られたとの話は
やはり興味深い。
そして、今現在そこここに痕跡が見られ、火山活動による恵みも沢山受けてると・・・
山を知る事が山を付き合って行く為に最も大事な事です!としめて下さいました。

DSC_7025.JPG



次は同じく道総研の高橋 良氏
「雌阿寒岳の温泉と火山ガス」
長期間観測を続けている、雌阿寒岳のガスや周辺の温泉について
多くのデータを示しながらの分析解説
野中温泉は現在湯温が上昇しているので
非常に気になるお話でした

IMG_4565.JPG



次に今回は札幌管区気象台から谷口 正実氏
「雌阿寒岳の活動状況について」
日頃観測している資料のスライドを見ながら解説。
特に7月に微動や噴気量が増えた事をオフィシャルでは無いですがと言いながらも
踏み込んでお話して下さいました。
私共地元の者にとっては、気象台の日夜の観測には常々感謝してますし
こうして、アウトリーチして下さる事は大変ありがたい事です。

DSC_7046.JPG



最後は足寄町総務課の赤間 恵一氏
「足寄町の防災行政について」
地元行政の防災担当者が直接お話して下さるのは初めての事でした。
火山防災の事だけでは無く、様々な自然災害に対しての話は
担当者として経験して来たからこそのモノですね。
これからの複合型災害への備え・・・行政としてどの様な取り組みをしているか
という事も大変勉強になりました。
顔が見える関係性の重要さ、繋がりの大切さを説いてらっしゃいました。

IMG_4589.JPG



〆の高橋教授の話も良かったです!!

IMG_4592.JPG



残念ながら今年の登山は中止になりましたが
来年は絶対リベンジします。

講師の皆様
参加者の皆様ありがとうございました。

ブログ遅くなりすみません。
動画のUPはいつになる事やら〜ですあせあせ(飛び散る汗)

2020年08月26日

2020年03月22日

冬山塾のご報告

3月20日予定通り、冬山塾開催しました。
出発前、新得登山学校の先生でもある大橋先生に簡単なレクチャーを受け
用意して頂いた登山の行程表であるベアリング表と地図を携え9時半に出発!!

DSC_6853.JPG

早朝かなり強かった風もほぼ止み、雌阿寒も顔を出してくれました。

大橋先生、ガイドの前田さんが、私達のペースに合わせ、ゆっくり進んでくれます。
途中途中で、歩行の仕方、ピッケルの滑落時の使用法等々
様々な登山知識を学びつつです。


IMG_9891.jpg

今迄の冬山では見た事が無かった合目サインが見えてます。
今年は本当に雪が少ない・・・


DSC_6866.JPG

大沢では太陽も見え、ピカピカの雪原。
これぞ、冬山の醍醐味です。

少し上で、アイゼンを装着し進みます。
ここでも、アイゼンの装着方法や歩行法のレクチャー
私などは、アイゼンのストラップ迄切って頂いたりして〜
普段男の方に至近距離で優しくされた事が無いので、ちょっと緊張揺れるハート

少し風が出始め、斜面も固くなり緊張感が増します。
トップを行く前田さんがしっかり踏み後を付けて下さり、
私達はその後をそのままトレース。安心です。

13時過ぎ、どうにか8合目手前の平場に到着。
風が有り、雲の流れが速い。
山頂付近が見えたり、隠れたり・・・
時間も考え、ここを今日の山頂と決めました。

DSC_6871.JPG

ここで軽く食事をとり下山開始。
夏山でも下山の方がハードルが高く、尚且つ今年は雪では無くアイスバーンもある。
大沢迄はビビりながらのへっぴり腰。
「しっかり踏み込んだ方が滑らないですよ〜」との声を励みに
歩を進めました。

ようやく、大沢。
これも、あまり見た事が無い雪崩の様な跡?

IMG_9920.jpg



IMG_9913.jpg

15時半、無事下山


IMG_9916.jpg

登山後、大橋先生による簡単なミーティングで解散。
今回は沢山の事を学びました。
ただ、カタカナ言葉が多すぎてテストされると厳しいですバッド(下向き矢印)
スマホのアプリ、ジオグラフィカは山菜採りの時は絶対使います!!

大橋先生、ガイドの前田さん
田村会長本当にありがとうございました。
そして参加者の皆様お疲れ様でした。


2020年02月23日

スノトレ塾2020

スノトレ塾終了いたしました。
総勢24名。前日の悪天候で参加出来ない方が出ましたが
我自然塾の行事としては大賑わい・・・嬉しい悲鳴です。

先発隊は8時15分ソリを引き出発!

DSC_6768.JPG

雲は厚めでしたが風もなく穏やか。


IMG_9659.jpg

オンネトー湖上で皆を待ちます。


DSC_6783.JPG

10時30分参加者到着!!
早速記念撮影。
残念ながら、雌阿寒岳&阿寒富士は裾野しか見えず・・・


DSC_6793.JPG

オンネトー湖上で、熱々の豚汁でちょっと早めの昼食タイム。
少し風が出て来て寒くなった身体に染み渡った・・・筈?

IMG_9670.jpg

昨晩降った雪も強風で全て飛ばされた感じで、
足元はふかふかと言うよりも、ザクザク。
心地よさが半減かな?
でも、自分達だけのオンネトーを満喫出来ました!!

改めて、参加者の皆様、お手伝い頂いた皆様ありがとうございました。







2020年01月09日

オンネトースノトレ塾2020

DSC_4804.JPG

今年もこの時期がやって参りました!!!
温泉からオンネトー迄をふかふかの雪の上を
スノーシューで歩きます。
この時期は、凍結したオンネトー湖上から
大迫力の雌阿寒岳&阿寒富士が見えますよ。
今年もテーマは「オンネトー湖上で豚汁を!」です。
昨年制作して頂いたソリで運びます。もちろんチロと。
頑張ります!
ご参加お待ちしております。

日時 2月23日(日)9:30〜(行動時間約4時間)
  
場所 オンネトー(集合は野中温泉ですー15分前)

定員 15名
   
会費 500円

持ち物 お弁当、防寒着(手袋等)、飲み物(温かい飲み物等)
    カメラ
※ スノーシューはお貸し致します
※ ご連絡はこちらからか、お電話にてお願い致します。
  п@0156-29-7143

2019年12月01日

星空塾2019

DSC_6417.JPG

昨夜、晴天の中星空塾開催致しました。
取り敢えず、写真をUP
実際はこれより100倍美しかった。。。

2019年10月19日

オンネトー星空塾2019

今年もオンネトー星空塾開催致します。
11月30日(土)19:00〜20:30(予定)

講師は小惑星ハンター 円舘 金さん&綾子さんご夫妻。
今年は阿寒富士から昇るオリオン座が見えるかも?
金先生ご夫妻の息もばっちり!講座も楽しんで頂けます。

空のご機嫌を伺いながらの星空観察。
この季節だからこその素晴らしい夜空をお楽しみ下さい。

参加費  大人 1,000円 子供 500円
持ち物  防寒具・カメラ・ライト等
問合せ  めあかん自然塾  0156-29-7143
http://meakan-shizen.sakura.ne.jp/






IMG_6401.JPG

2019年10月10日

火山塾2019座学 藤原善明氏編

札幌管区気象台火山活動評価官である藤原さんのお話です。



個人的に開催している火山塾に協力して頂けた事に感謝です!!


2019年10月09日

火山塾2019座学 佐藤十一氏編