2017年01月25日

データ・フィクション

久しぶりの投稿です。
カラダがついて行かず=頭もついて行かず。。。
自然と対話する事をしていませんでした。

所で、データ・フィクションという言葉をご存じでしょうか?
要はネット上に出ている事がすべて真実と思ってしまう現象といいますか、
ネット上、もしくはテクノロジーに依存し、正しい、間違っているの判断を
自身が出来なくなってしまっている状態なのだそうです。

先日とある取材を受けました。
記者の方とは配信前にもなんども確認をして頂き、
こちらサイドも全て細かい所まで記憶に無い訳で、
はっきり言える部分だけで・・・と申し上げていた。
すると、その記者の上司の方から連絡があり
「ネットにこう出てるけど、どうなんですか?」という話に・・・
本当の家のことは、家しか知らない訳で・・・
何故誰が書いたか分からないネットの記事で「違う!」と言われなきゃいけないのか???と
以前どなたかが家側に聞いて書いたかもしれない・・・
でも「だいたいこうです〜〜〜」的なことをまとめたものしかないはずで・・・
ウィキペディアだってどんどん加筆されていく訳で・・・
恐ろしいと思ってしまいました。


今、温泉問題も続いている。
豊洲の問題と照らし合わせると面白い。
今迄と違う検査機関が調査に入ったら急に数値が上がった。
それに対して「その数値は最下限のもので、今の地下水を20年飲んでも大丈夫」って
家もそう言いたい。
111歳の祖父ちゃんが少なくても90年は暮らし続けていて何ともない。
でも、認めて貰えない。もちろん。
役所が作った数値は数値で順守しなくてはいけない。
けど、豊洲は?福島原発は?
簡単に数値変えた気が・・・

硫化水素の数値もネット上みると厳しいものがある。
でも労働基準法に照らし合わせるものと、温泉入浴に関するものは
やはり違うべきと思ってしまいます。
ネット上、マスコミに書かれていることが全て正しいわけじゃない
そんな言葉を夢に見て書いてしまいました・・・


posted by 塾長 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年12月16日

こうゆう運びとなりました。。。

FullSizeRender.jpg

我が祖父が男性長寿日本一・・・となりました。
単純に一番って嬉しいかも???


posted by 塾長 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年10月10日

はるイモほりデビュー

DSC_0535.JPG


ニャンと収穫(^^♪

posted by 塾長 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年09月01日

防災の日

この度の台風10号は、岩手地方、北海道そして十勝に甚大な被害をもたらしました。
関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
様々なニュース映像で被害の様子が次々に流れ
正直、北海道でこんな事になるんだと愕然としました。

多くの高速道や国道、道道などで橋の崩落や土砂災害が起き
JRは札幌から道東方面への運行は1ヶ月以上見込めない状況。
直接的甚大な被害を受けた方、こうした影響で間接的に被害を受ける方
そして今私達の眼に見えない(マスコミ等で報道されない)被害に遭われた方を
思うと・・・言葉になりません。

ここオンネトー地区も30日夜半に一時「避難準備」となりましたが
結果、避難とならずに済み、窓が割れた位で大過無くという事でした。

私の感覚だと、前回16日の台風7号の時よりも雨風が強く感じられ
又停電か?と心配をしていましたが、無事でほっとしました。
何故かDOCOMOさんの携帯だけがシステムエラーの為か圏外が続きました。
そして翌31日はNTTの回線が十勝地方で大きく障害が発生し不通となっていました。
これを知ったのは当日ご宿泊予定だったお客様が、電話連絡がつかない為
当館のfacebookからメッセージをして下さり、気づいた次第でした。
様々な情報を得る手段を持つ事の大切さを実感しました。

今後様々な所で「防災」について論じられるでしょう。
沢山の治山治水工事がなされるはずです・・・
正直、今言ってはいけない事なのでしょうが、自然にはたやすく勝てない・・・
そんな気がしてなりません。

「避難準備」と伝えられた時・・・じゃあそれをどの様に正しくお客様に伝えるのか?
行政の対応を含め、夜間私は正しく情報を得られるのか?
現在想定されている避難所にお客様全て入って頂けるのか?
こうゆう状況に置かれて初めて考えた事もありました。
一つ一つの事象を経験とし各々が今後に生かす事は出来る!

そんな事を思った防災の日でした。。。


posted by 塾長 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年08月19日

台風7号の爪痕

17日、台風7号が直撃。
北海道への台風上陸は9年ぶりだそうですが、
正直その9年前「以外にたいした事ないね〜」なんて言ってた覚えが・・・

昼位から風が強くなり始め、他地区で停電とニュース。
「あれ?ここは???」と思っていたら
案の定午後7時前に停電。
発電機を回し館内や客室にランタンや蝋燭を配り、お客様に我慢して頂きました。
久々に食器を手洗いなんかして。。。

停電自体は今迄の爆弾低気圧や暴風雪の時の経験があり予想はつくのですが
今回違ったのは、まず携帯電話の基地局のバックアップ電源が稼働せず
我が家の電話自体も停電=即不通になってしまった事。

無論、無線LANも常時活かすことは出来ず、TVも無し。
情報が全く取れない・・・
唯一生きている公衆電話はこちらからの一歩通行。
今後どう様にして行けばいいか考えなくてはいけない事案です。

通電したのは昨日18日の21時過ぎでした。

今回の台風7号は我が町に大きな爪痕を残しました。
町内のある地区では床上浸水。此処までの被害は初めてだったようです。
国道も倒木や土砂崩れなどで車の立ち往生が起きていました。
そして、オンネトー線は倒木の為、翌18日も通行止めが続きました。
正直、私共が知ったのは18日の朝。少し落ち着いて外回りを見に行った時。
こうゆう時こそ町の防災無線を活用して欲しいものですが・・・

雌阿寒温泉の直接的被害はお陰様で衝立が飛ばされた事位ですみました。
ただ、前庭に大きな穴が・・・


DSC_0335.JPG

昨日はオンネトー線が通行止めと知らず、ひっつきりなしに車が往来。
国道からすぐの電光掲示板が作動せず、情報が無いから・・・?
中には自転車でキャンプ場へ向かう為に走って来た若者グループも。
公衆トイレも停電の為当初は流れず、我が家に来る方も・・・
でも、家も水不足に陥るのは必至で、朝の時点で休館させて頂く事にしました。
今後行政にこの様な時の対処も検討して頂きたいと思います。






posted by 塾長 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年07月24日

スーパー・センテナリアン。

我が祖父正造、明日111歳を迎えます。
本日はバースディ・イブ。
兎にも角にも目出度いという事で〜


DSC_0250.JPG

北見のティンカーベルさんのケーキでお祝いるんるん

先日、慶応大学医学部の教授がおみえになりました。
日本全国百歳以上の方を身体的、精神的に調査されているそうです。
先生曰く、百歳以上の方を「センテナリアン」
そして、百十歳以上になるとスーパーを付けて「スーパーセンテナリアン」と言うそうです。
昨年のデータではそのスーパーセンテナリアンは80名程。
中でも男性は数名という世界です。
そんな祖父を持つってこそばゆい感じです。

今年は111というぞろ目。
ギャンブル運いいかも???


posted by 塾長 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年07月01日

長閑・・・

DSC_0216 - コピー.JPG

夕暮れの一コマ。
和みます。

posted by 塾長 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年05月24日

野中温泉山菜部始動。

IMG_0170.JPG


IMG_0165.JPG

連日の猛暑でかなり伸びていましたが、みんな頑張りました・・・
明日もファイトです!!




posted by 塾長 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2016年05月12日

なんじゃこりゃ???

いい加減、オンネトーは?雌阿寒岳は?
という皆様すみません。

また、ハルッチです。
じい様の顔が秀逸だったのでついつい・・・

DSC_0636 - コピー.JPG


急に話は変わりますが。。。
先日雌阿寒岳の噴煙が多いのでは?との通報があり
一瞬「ぞわっ」としました。
一般の方の「いつもと違う?」という感覚はとても大切で
それを伝達する事も大変有意義な事と思います。
ただ、それを受け取る側が後手後手になってしまっては
折角の情報も効果が無くなってしまう・・・そんな風に感じてしまいました。
今回の事もある意味有事の際のシュミレーションとして生かせれば良いのですよね。


posted by 塾長 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年10月09日

備えあれば・・・・

昨日は台風、そして低気圧に変わり・・・一日中風が強く
裏山の大きなエゾ松も倒れたという事で、
注意深く経過を見ていました。
停電になる可能性はかなり高いだろうと感じ
事前に町から貸与されている発電機とライトを準備し
客室等へは蝋燭の準備。

お昼過ぎ、案じていたとおり停電。
お客様へ説明をし、キャンセル頂いたりそのままご宿泊頂く判断をして頂きました。

ここ数年台風や爆弾低気圧の影響で長い時間の停電を経験した事で
次にどの様な事が起こり得るか?という想定が少しですが出来る様になった気がします。

様々な災害に対して、事前準備の大切さを感じた日でありました。

001 (1).jpg



posted by 塾長 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年10月05日

今年の収穫

IMG_1566.JPG


今年も楽しく収穫!
posted by 塾長 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年07月25日

祝・皇寿

我祖父、本日満百十歳の誕生日を迎えました。
この年は数え年111歳を表す皇寿という事で、
私達家族も華やかな気分です。


IMG_9488.JPG


甥姪にも囲まれ笑顔です。

IMG_9512.JPG

特注の紅白餅も頂きました!!



posted by 塾長 at 19:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記

2015年06月12日

エリックさん。

ドイツの冒険家、エリックさんご夫妻が再訪して下さいました。

ドイツからヨットで釧路へ。
詳しく聞くと昨年は長崎にヨットを停留させていた・・・らしい。

ブログを見ると2010年に初お目見え。
憶えていて下さった事に感激。
そうゆう想いは万国共通なんですね・・・


IMG_1217.JPG


posted by 塾長 at 18:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記

2015年05月06日

対策・・・part2

硫化水素対策・・・
温泉取り込み口に簡易抜気孔設置。

IMG_1070.JPG

懇意にさせて頂いている、ガス関係に精通されている大学の先生が
ホースを含め用意し、設置して下さいました。

取り敢えず、我温泉は飛び込み禁止です。




posted by 塾長 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年04月30日

対策・・・part1

取り敢えずの硫化水素対策。

@送風
 脱衣場から扇風機で風を送ります。
 その為、脱衣場側の戸にガラリを設けました。

IMG_9362.JPG

A強制換気
 元々あった浴場天井のガラリに換気扇を。
 脱衣場側から送った風と共に硫化水素を強制的に吸い上げる・・・

IMG_9341.JPG


という仕組みなのですが、数値自体はその時々の天候等で
極端に効果が現れないというのが現状です。

もう少し頑張ってみます。




posted by 塾長 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年04月26日

109歳選挙へ!

選挙行く?と聞くと「うん」と言うので、
我が家の109歳じい様と選挙へ行って来ました。
家から投票場は20km離れてて、ドライブも楽しみながらるんるん

選管の方に「字は書けますか?」なんて聞かれて笑えましたが
町長、町議それぞれ無事投票終了。

IMG_0799.JPG

帰りの車中「誰に入れたの?」と聞くと
「○○だ〜、どうせ落ちるから入れてやった」と暴言を・・・
あっぱれです。






posted by 塾長 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年04月24日

プリュウム

北海道大学の大島先生が開発して下さった
気象情報システム「プリュウム」
どんどん進化しています。
今回は遂に、地震波形も一緒に!
(ディスプレイは2つになったけど・・・)

これがあるとビジュアルで天気も地震の状態も判るので
登山者にも便利に利用して頂けます。

今では、地方自治体にも設置されたりしてますが、
一番最初は多分家(自慢気ですみません(*_*;)

先生の頭の中には次の構想も有る様なので
次回が楽しみです!!

IMG_9321.JPG

波形の真ん中妙に黄色く振れてるけどご心配なく。
風です。



posted by 塾長 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年04月11日

温泉というもの・・・追記

昨日のブログがあまりにも長文になってしまい、
大切な事を書くのを忘れてしまいました。

硫化水素泉である当温泉。
いくら、今迄なんら問題なく利用していただいたとしましても、
やはり注意をして頂かなくてはいけません。

ご自身の体調次第では、湯あたりも含め調子が悪くなる事も考えられます。
又、長時間のご利用は目の粘膜などに刺激がある場合もございます。

そして、お一人での夜間のご入浴、もちろん深酒でのご入浴は
ご遠慮頂く様お願い申し上げます。
急に気分が悪くなり万が一という事が起きたとしても
お一人でさえなければ、大事に至る事は少ないと思います。

これからも営業を継続をする為には、皆様のご協力が不可欠でございます。
重ね重ね宜しくお願い致します。



posted by 塾長 at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年04月10日

温泉というもの。。。

温泉と言うのは千差万別。
泉質や成分量はもちろん、湯の取り込み方や使用の仕方もそれぞれ。

家の温泉は昔で言う硫化水素泉。現在の泉質名は含硫黄―カルシウム・マグネシウム・ナトリウムー硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)というなが〜〜〜い名前なりました。
先日乳頭温泉で起こった湯守さんの不幸な事故がありご存じの方も多くいらっしゃると思います。
硫化水素は空気より重く窪みに溜まる。冬期間はその窪地に雪がかぶり雪の落とし穴の状態になったのかもしれません。。。大変残念な事故です。

硫化水素泉というのは、温泉の成分の総硫黄の内、遊離硫化水素の値が多いものにつきます。
因みに、温泉成分の溶存物質の総量が1000mgで総硫黄が2mg以上のものは単純硫黄泉。家の場合溶存物質が3489mg、単純泉のカテゴリーでは無かった事が逆に悩ましい。

昨年の秋口のある日の午後10時、突然大きな声が。
出ていくと作業着姿の女性が二人・・・保健所職員さんでした。
「ここの温泉は正しく使用してますか?」と聞かれ、
何が起こったのか全く訳が判らずかなり困惑しました。
今迄温泉だけはよい評価を得ていた筈の我が宿が、この日から「危険な温泉」となり、奈落に落ちた様な気持ちに・・・
その後、毎週のように保健所など様々な役所が現れ
硫化水素の値を測り、そして指導を繰り返されました。

まずオーバーフローしてませんね?と指導され、もちろん湯の流し口は有りましたが一部だけではダメという事で、その部分はすぐ改修。
そして、一番大切なお客様へは直接的な注意喚起を行って参りました。

昭和58年、設備構造等に関する基準というものが、温泉法を持っている環境省により公示されました。そこに、温泉の硫化水素の基準値も示されている。
正直論拠はわからない・・・
残念ながら、我温泉の数値は基準値よりも高い。
そこでの指導という事になる訳で・・・・
「窓開けて下さいね」とか
でもいくら窓を開けていても、数値はその時々で移ろい、彼等が示す数値は一時的には出るかもしれませんが継続出来るものでは無い。
だって、根源の温泉が硫化水素を出し、かけ流しという事で常に新しく入れているのだから。
昨年の時点で、大学の先生、温泉研究者、建物の換気の専門家の方に相談していました。
これが中々難しく、時間が掛かる中新年を迎えました。
そういえばどうなったのかな?静かだね?なんて言っていたらやはり又役所が訪れ・・・

そんな中、相談していた温泉の専門家に「ここが一番努力してないよね?」と。
流石にこれが一番堪えました。その時迄に出来る事をし、対処に向け相談していたのですから。
保健所の自然換気(窓を開けろ)という指導もヒートショックや、床面の凍結という冬期間の違った面での危険性が増すのではないかという風に思え、かなり悩みましたが、冬期間お休みという判断をさせて頂いておりました。

その間、改めて色々な方にご相談しご協力頂き実験。
でも、一長一短の繰り返し。その日の風向きや風力そして気圧、全く数値が変わります。
実際それじゃダメな筈なんです・・・
公示文書の数値を全てクリアするのは難しい。
正直その数値を出すには、かけ流しを止めるか、外で一度湯を晒し完全抜気をし、ぬるくなった温泉を加温するしか無いのではないか?

私共はここで100年こうして温泉宿を営んでいます。
もし、お役所の方がいうように本当に危険な温泉であるのならば
沢山のお客様、そして私達がこうして毎日湯を利用できなかったのでは?

ただ、そんな経験則はお役所の公示文書の元ではなんら役に立たず・・・

かなり凹み、悩ましい日々をすごしておりました。
こうしてお話する事で、お越し頂けない方もいらっしゃるかも?とも考えました。
ですが、休業中お客様からのご質問も多く、一度きちんとした形で今言える事をお話しなければと思っておりました。

春からの完全営業に向け、今出来る対処をしました。これが今は精一杯です。
今後も営業を継続した中で、新たな対処法を模索していく所存です。

もしかしたら、ここ数年でここの温泉も利用が難しくなるのかもしれません。
許される内は、少しでも長くこの雌阿寒の恵みを慈しんでいきたい、それが今の願いです。
長文申し訳ございませんでした。


IMG_9290 - コピー.JPG


posted by 塾長 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2015年03月17日

災害があってこそ想う。

先日夕方4時に突然停電。
というか、停電になってもおかしくない位の風だった。
その後午後6時に町役場から発電機届き、
取り敢えずの電力が確保され、PCや携帯の充電はOKに。

家の場合通信は衛星BB=電気が無くては機能しない。
よって、携帯のネット共有で通信網を確保してたのですが、
その後午後8時位には私の使用しているSoftbankの携帯が圏外に・・・
ほんの4時間位で基地局の充電が切れた。
幾ら携帯が満充電でも通信が出来ない。
もちろん家電は2時間ほどで使用できない。

自然災害が起こった時に一番必要なのは外部との通信網。
正直他のハード施設よりも重要なのだと思ってます。





posted by 塾長 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記